iTunesでASIO出力 〜Multi-Plugin〜

Japanese/English

English version here.

listmarkはじめに

iPodを持っているとiTunesは欠かせない。
本当はfoobar2000をPCオーディオの母艦にしたいのだが、iPodとの連携をしてくれるfoo_podというfoobarのプラグインは少し物足りない。
そんなこんなで、iTunesを使わざるを得ない。

iTunesは個人的に
 (1)重い
 (2)サウンドチェックがReplayGainに比べて性能が悪い
 (3)エンコードにlameを使いたい
 (4)再生がなんだか丸い音
 (5)ASIO出力できない
なところが嫌い。ほんとわがままだけど。

(1)に関してはどうすることもできそうにない。QuickTime Alternativeでわずかに軽くできる。
  しかしもうAppleの要請で配布を中止してしまった。

(2)はMP3Gainで解決。

(3)はエンコードの時だけfoobar2000を使うことで妥協。

(4)と(5)はMulti-Pluginを使うことでなんとか解決するのである。

listmarkMulti-Pluginでfoobar2000 passthrough

Multi-PluginはiTunesをMac風スキンにしたり透明化したりする、痒いところに手の届くプラグインだ。
そのプラグインには、「Foobar2000 passthrough」という有用な機能がある。
この機能を使うことで、iTunesの再生にfoobar2000の再生エンジンを使うようにできるのだ。

これで、iTunesの丸い音ともおさらばだ。

Multi-PluginはAqua-SoftというMac化フォーラムでlocalhostさんが作成し、配布して下さっている。
バージョンにより、使用できるiTunesのバージョンとfoobarのバージョンが制約される。

Multi-Plugin 2.3 : iTunes 6.x 、foobar2000 v0.8.3
 (foobar2000 passthroughはあまり安定していないのでおすすめできない)
 Multi-Plugin 2.3.2のダウンロードはMulti-Plugin 2.3.2から

Multi-Plugin 2.5 : iTunes 7.0 、foobar2000 v9
 (foobar2000 v9を使わなければならないが、比較的安定)

localhostさんはお忙しいみたいで更新が滞ることが多く、iTunesの最新版だとMulti-Pluginが動作しないことがある。

iTunes for Windows まとめ Multi-Plugin
で最新情報を仕入れてからiTunesに合ったバージョンをダウンロードすると良い。

listmark導入、設定

まず、foobar2000をインストールする。

foobar2000 Wiki for Japanese Users

を見ると簡単にインストールできると思う。
見た目や、コンポーネントを凝るとこれだけで一日遊べそうだが、foobar2000 passthroughに使うだけなら、OutputにASIO outputを指定しASIO出力で音が出るようにするだけで良い。
foobarでASIO出力できるようになるまでに色々設定をいじらないといけないが(Outputを32bitにしてみたり)、このあたりをいじるのもおもしろい

foobar2000でなんとかASIO出力できるようになったら、いよいよMulti-Pluginの導入だ。

iTunes for Windows まとめ Multi-Plugin
ここから、環境に合ったバージョンのMulti-Pluginをダウンロードし、インストールする。

 ※iTunesのバージョンを予め確認し、Multi-Pluginが動作するか確認

Multi-Pluginをインストールした後、iTunesを起動する。

Multi-Pluginの設定はiTunesの「環境設定」画面から行う。
「環境設定」の一番右のタブにMulti-Pluginというタブが追加していると思うので、ここのOtherタブを選択。

すると、以下の画面になると思う。

Multi-Plugin

「Foobar2000 passthrough」というチェックボックスをチェックすると

Multi-Plugin Foobar2000 passthrough

というダイアログが出るので、OKを押す。

iTunesを再起動すると、見事foobarエンジンを使用して音楽を再生できる。

音はfoobar2000のきれいな音、見た目はかっこいいiTunes。
iPodとの連携もばっちりだ。

あとがき
iTunesで再生している時は、foobar2000を同時に使えない。
それは恐らく、iTunesで再生する曲を毎回foobar2000のプレイリストに追加してfoobar2000で再生するという仕掛けになっているからだろう。
案の定、iTunesでpassthroughしている時にfoobar2000を見てみると、foobar2000のプレイリストに一つだけiTunesで現在再生している曲が現れている。
また、passthroughにすると曲が変わるたびにfoobar2000にプレイリストを送らなければならないためにレスポンスが遅くなるようだ。
iTunesのプレイリストとfoobar2000のプレイリストが同期できるようになれば、もっと快適に動作するようになりそうである。localhostさん、がんばって!


listmark ご意見、ご質問等は 掲示板 までどうぞ。
掲示板で事足りない場合は abokadoro#gmail.com まで (#を@にして送信して下さい)

※このHPにより起こり得るトラブルについて、本HP作者は一切責任を負いません。