ASIO非対応でもASIO出力 〜ASIOKS〜

Japanese Only

listmarkASIOとは

ASIO ASIO とは何ぞやについては、ASIO4ALLのページ に詳しく書いたので、そちらをどうぞ。

listmarkASIOKS

ASIOKSというドライバソフトを使うとASIO非対応のオーディオデバイスから擬似的にASIO出力できる。

その仕組みは、Windows2000以降のOSはKernal mixerを通らないオーディオ再生経路にKernel streamingを持っている。
このカーネルストリーミングから音を出すことで、カーネルミキサーを通らずに再生できるという。

ASIOKS - SourceForge.JP

SourceForge.JP がオフィシャルサイト。

ASIO4ALL との違いは、ASIO4ALL は INPUT にも対応しているのに対し、ASIOKS は再生のみに対応している。
しかし、ASIOKS の方が音が鳴らないといった不都合が少ないように思う。
(聴き比べたところ ASIO4ALL, ASIOKS ともに音は同じと言っていい)

listmarkASIOKS インストール

上記オフィシャルサイトより、AsioKs-0.9.3.1.zip 的なファイルをダウンロードし、解凍する。

解凍すると、"AsioKs.dll" と "Rreadme.txt" が得られる。

少し面倒だが、手動で DLL をシステムに登録しなければならない。
以下、インストール方法。

以上でインストールは完了だ。

listmarkASIOKS 設定

ASIOKS の設定は、再生ソフト側から呼び出す。
次のような設定画面だ。

ASIOKS 設定画面

設定は簡単だ。

ASIO で録音を考えていないのであれば、ASIOKS の方が設定も簡単だし使いやすいだろう。
ASIO4ALL, ASIOKS 両方入れておいても問題ないので、両方ともインストールしておくのが最善かもしれない。

listmarkASIO出力できるプレイヤーソフト

●foobar2000

フラットな出音で解像感がある。ソースのモニタリングには最適。デジタルアンプ的な硬質な音色。

foobar2000 wiki for Japanese Users

●Winamp

非常にメジャーなプレイヤー。デコーダの変更により高音質化が可能。WAVES等の高音質プラグインも使用できる。

Winamp統合スレのガイド

●SoundPlayer Lilith

MP3に特有な高音域の歪が上手く補正され聴き疲れしない。真空管アンプ的な艶っぽい音色。

Official Site

※各プレーヤーの評価は、2ちゃんねるの【PCAU】オーディオプレイヤー総合【音質スレ】より抜粋

個人的には、foobar2000 0.8.3が好き。
おたちゃんのmp3 inputプラグインとASIO outputプラグインを使えるし、なにより動作が軽い。


listmark ご意見、ご質問等は 掲示板 までどうぞ。
掲示板で事足りない場合は abokadoro#gmail.com まで (#を@にして送信して下さい)

※このHPにより起こり得るトラブルについて、本HP作者は一切責任を負いません。