TechnicsDJミキサー 〜SH-DJ1200 改造〜

Japanese/English

English version here.

listmarkTechnicsのミキサー

my sweet DJ booth

MelosのPMX-2を使っていたのだが、あんまり音が好きじゃなかった。
もうちょっと音の良いミキサーが欲しかったのでヤフオクに粘着。

するとTechnicsのHIPHOP向けDJミキサーSH-DJ1200が破格で出品されていた。
動作未確認ということだったが、自作オーディオにどっぷりはまった私にはそんな言葉は目に入らない。
ラッキーなことに3千円で落札することができた。

いざターンテーブルにつなげてみるとすんなり音が出た。
これは儲けもの。
定価5万円もするミキサーが3千円だ。

しかし、やっぱりおかしなところがあった。
クロスフェーダが全く効かない。

がめつい私はSH-DJ1200は内部にスペアのフェーダが備わっていることを知っている。
そのスペアフェーダに取り替えてみるときちんと動作した。
これで3千円が完全なミキサーに。

PMX-2に比べると比べ物にならないくらいSH-DJ1200の方が音が良い。

listmarkSH-DJ1200の音質アップ作戦

音の出る家電製品は分解せずにはいられない。

SH-DJ1200 裏側

もうネジが目に入ると開けたくてうずうずする。

SH-DJ1200 分解

やっぱりOPENしてしまった。
定価5万円ということでさすがに部品がぎっしり詰まっている。

SH-DJ1200 基盤

コンデンサはELNAの黄色い電解コンデンサや赤いフィルムコンが多い。
ELNAの黄色いコンデンサはデカップリングにもカップリングにも使われている。
このコンデンサってどないなん??というところだが、これらを全て交換するのは大変だ。

汎用コンデンサに対する補強

SH-DJ1200 フィルムコンをパラる

とりあえずカップリングなど大切なところにはニッセイAPSフィルムコンを基盤裏からパラっておいた。

いずれはMUSEなどオーディオグレードに交換したい。

電源の強化

アナログな回路には電源が非常に大切だ。
そこで、電源を強化しておくことにした。

SH-DJ1200 電源平滑用コンデンサKMG

デジタルアンプTA2020の平滑コンデンサとして使っていた電解コンデンサが余っていたので、これらを使いまわすことにした。
3300uF 50V KMG が4本で100円とは本当に破格である。

SH-DJ1200はスイッチングレギュレータを3つ持っている。
オペアンプの正負電源用に2つ、ICの電源用に1つという割り振りだ。

3300uF KMGをそれぞれのレギュレータの出力に1つずつかませた。

SH-DJ1200 ニッセイAPSフィルムコンとMUSE KZ

加えて、高周波ノイズを除去するため、ニッセイAPSフィルムコンもパラっておいた。

MUSE KZもかませてあるが、これはおまけ。

レギュレータの冷却

オペアンプの正負電源用の2つレギュレータが高温になって発火しかけたような後があった。
おそろしや。

SH-DJ1200 ヒートシンク

余っていたヒートシンクをつけておいた。

ついでに

POWERのインディケーションランプを青色LEDにしてみた。

SH-DJ1200 青色LEDインディケーションランプ

結果

同じミキサーとは思えないくらい良くなった。
高音が伸び、中低音は重厚。

レコードはCDやPC音源と違って本当に聴いていてうっとりする。


listmark ご意見、ご質問等は 掲示板 までどうぞ。
掲示板で事足りない場合は abokadoro#gmail.com まで (#を@にして送信して下さい)

※このHPにより起こり得るトラブルについて、本HP作者は一切責任を負いません。